読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARUD: i-LOG

建築・都市計画研究者ノリスケの情報記録

『透明な一日』北川歩実

Book

小説の読書感想です。

今回読んだのは、北川歩実さんの『透明な一日』

ミステリー小説です。

 

透明な一日

透明な一日

 

 放火による火災で母親を失った男女が主人公。

放火で母親を亡くしたという特異な共通する背景をもった二人が、

結婚することになったことを機に、

放火事件当時の知り合いが再会したことから事件が展開されます。

 

事故により記憶障害を負った彼女の父親

天才的な才能を持った研究者であった彼女の母親。

記憶障害を負った父と、6年も共同研究を続ける研究者たち。

 

人のアイデンティティはどこにあるのか?

家族や両親、血縁?

これまで生きてきた記憶?

個人を識別する名前や戸籍情報?

何かを成す才能や能力?

読後に、そんな疑問が浮かんできた小説でした。

 

 

北川歩実さんの小説はこれまで3つほど読んだことがありますが、

(『金のゆりかご』『猿の証言』『天使の歌声』)

科学・医療系の要素がストーリーの基本になって、

意外過ぎる人物が犯人になる最後のどんでん返しが特徴的です。

北川さんの作品は、

ミステリー小説を読む際に私が求めている、

「どんでん返しの衝撃」と「読後のスッキリ感」

特に感じられる作品なので、

「ミステリー・推理っぽいもの読みたい!」という時に、

特におすすめです。

 

猿の証言 (文春文庫)

猿の証言 (文春文庫)

 

 

金のゆりかご (集英社文庫)

金のゆりかご (集英社文庫)

 

 

天使の歌声 (創元推理文庫)

天使の歌声 (創元推理文庫)

 

 

ちなみに、Wikiによれば

北川歩実さんは、性別を含めたプロフィールが明かされていない

覆面作家らしいです。

ミステリー作家としてキャラが確立されているな~

北川歩実 - Wikipedia

広告を非表示にする