読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARUD: i-LOG

建築・都市計画研究者ノリスケの情報記録

都市の人口動態が一発でわかる「都市構造可視化計画」 (160811OZAレクチャーより)

都市計画 Lecture

先日、研究室の先生のレクチャーがありました。

メインテーマはざっくりまとめると「これから求められる公共施設」

 

・コミュニティの拠点をどのようにつくるか?

・公共施設の総合的なマネジメント

 →計画・設計を超えて、運営・事業を含めたマネジメント

・パブリックスペースによる公共施設の高機能化

 →誰にでも開かれた図書館、書籍の集積ではない滞在型図書

 →カフェによる誰もが入れる空間の提供と収入確保

 

大まかには以上のような、お話でした。

 

さて、今回はレクチャーのメインテーマとは少しそれて、

気になったレクチャーの端々に出てきた

以下3つの情報リソースのまとめていきたいと思います。

 

1.都市構造可視化計画

2.公共性

3.公共施設マネジメントのあれこれ

 (公共施設等総合管理計画、立地適正化計画)

 

 

都市構造可視化計画

 

このサイトを使うと、Google Earth上に人口密度、昼夜人口、人口の経年変化などを

グラフとして表示することができます。

サイトはこちら↓

都市構造可視化計画

 

福岡県、国立研究開発法人建築研究所

公益社団法人日本都市計画学会九州支部都市構造PDCA研究分科会

が運営しているサイトのようですが、

統計データが地図上で感覚的に理解できるし、使い勝手もめちゃくちゃ良いです!

 

これは、間違いなく研究やプロジェクトを構想するベースとして

大活躍しそうな予感です。


2015: 福岡県知事ビデオメッセージ

 

 

 

その他の2項目については、後日またまとめていきます。

 

 

広告を非表示にする